うつでも結婚したい!・・・し、1年でできた話

うつ・恋愛経験なし・田舎暮らしだけど、素敵な人生をつかみたかった女の話

【鬱】私のうつ体験 ダイジェスト版


f:id:oyukico:20211025182432j:image

こんにちは。ゆきこです。

 

先日、結婚相談所の無料相談に行って、入会したい相談所を決めました。

 

ここまでは良かったんですが、ここからうつ病期間に突入したため、実際の活動は1年半後くらいになりました。

 

うつになった原因は、発症きっかけになった出来事は仕事でのミスだったんですが、それは単なる起爆剤にしかすぎなくて、実際に原因といえそうなものは着々と揃っていたみたいです。

 

それらは、私の性格、生活習慣、家庭環境、生育環境、職場環境などの様々なものが関係するものなので、これがうつ病の原因だ!!と言えるものではありません。

 

・・・ということに気づいたのも最近になってからです。

 

うつ病中は、「何が原因だったんだ、何を取り除いたら元に戻るんだ」って、毎日布団の中で泣きながら悩んでいました。

 

でも、悩んでも、考えても、答えは複雑で、たとえ答えが見つかったとしても、そのすべてを取り除くことは不可能でした。

そもそも脳の病気を患っているのに、複雑なことを考えても答えなんて出ません。出たとしても偏った考えである確率が高そうですね。

 

うつになった全ての原因を取り除くためには、膨大な時間がかかります。

 

そして、そんなことに時間を割いていたら、私の大事な若さが無くなっていくことに気づきました。

 

うつ病への個人的な考えは、後々書いていけたらなと思います。

 

 

うつうつ期に、相談所の仲人さんがメールをくれました。

あんなに入会に熱意があったのに、それからパタリと連絡がこなくなったものですから、連絡するのは当然ですよね。

 

何日かは泣きながらメールを読み、返事をするのが大変怖かったんですが、何とか現状を伝えるメールを返しました。

 

「まずは、ゆっくり回復することに専念してください。いつでもお待ちしています。」といった返事が返ってきたときは、再度泣きました。

 

人の温かさを感じたり、会社以外の社会ともつながることができるんだと感じると、心が動いて泣いちゃいますね。

 

 

さて、外に出るのも怖く、部屋に引きこもり続けた私ですが。

 

2か月ほどすると、日向ぼっこができるほどの回復します。

 

だんだん、深夜か早朝なら外出することができるようになります。

 

早朝の朝さんぽをはじめました。

 

家にいる間も、本を読んだりTVを見たり。通常時と同じような行動ができるようになります。

 

この間、休職扱いになっていたので、「動けるようになったのだから、早く復職しないと」という焦りが強くなってきます。

 

そして、私は部署が変わって復職しました。

 

以前の部署より仕事が少なく、チームも和気あいあいという感じ。

必ず定時には帰ることができて、土日仕事もありません。

何より私は復職直後は時短勤務にしてもらっていました。

人事も上司も、再発しないように大分神経を使っていました。

 

復職して4か月。

やっと私は婚活を再開しようと思い、相談所の仲人さんへ連絡を取りました。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。